冠字連歌(読み)カムリジレンガ

大辞林 第三版の解説

かむりじれんが【冠字連歌】

連歌の一体。ある連続した言葉を一音ずつ分けて、毎句の初めに詠み込むもの。いろは連歌・名号連歌・法楽連歌など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かむりじ‐れんが【冠字連歌】

〘名〙 連歌で、ある連続した語句一音ずつ分けて、毎句の頭によみ込むもの。いろは歌法文(ほうもん)などをよみ込むことが多い。かんじれんが。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android