コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一音 いちおん

1件 の用語解説(一音の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一音 いちおん

?-? 江戸時代中期の俳人。
越後(えちご)(新潟県)の人。建部綾足(あやたり)(涼袋)にまなぶ。上野(こうずけ)(群馬県)にすみ,のち諸国をめぐる。与謝蕪村(よさ-ぶそん),加藤暁台(きょうたい),高井几董(きとう)らと交遊。同門の一鼠(いっそ)が安永3年(1774)に刊行した「瓜の実」の判詞をかいた。天明年間(1781-89)に死去。別号に嚏居士(はなびのこじ),柴杖など。編著に「左比志遠理(さびしおり)」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一音の関連情報