コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

句頭 クトウ

デジタル大辞泉の解説

く‐とう【句頭】

語句の冒頭。
雅楽で、歌詞の最初を独唱する首席唱者。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

句頭【くとう】

催馬楽朗詠など雅楽の声楽曲において,曲の冒頭の独唱部分およびその担当者の称。句頭(独唱者)は朗詠の場合を除き,笏拍子(しゃくびょうし)を打ちながら歌うので拍子とも称される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

くとう【句頭】

語句の最初。
神楽歌・催馬楽さいばら・朗詠などの謡物で、初めの部分を独唱する首席唱者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の句頭の言及

【東遊】より

…もと東国の地方芸能であったらしいが,奈良時代から平安時代にかけて〈東舞〉などと称して近畿でも行われるようになり,9世紀ごろ様式をほぼ完成させた。楽器は句頭(くとう)(歌の主唱者)の打つ笏拍子(しやくびようし)のほか,篳篥(ひちりき),高麗(こま)笛(元来は東遊笛),和琴(わごん)(各1名)が用いられる。全曲の構成は,“高麗調子”(“ ”印のものは,楽器だけで演奏され,歌を伴わない),阿波礼(あわれ),“音出(こわだし)”,一歌(いちうた),二歌,“駿河歌歌出(するがうたのうただし)”,駿河歌一段,駿河歌二段,“加太於呂志(かたおろし)”,阿波礼,“求子歌出(もとめごのうただし)”,求子歌,“大比礼歌出(おおびれのうただし)”,大比礼歌。…

【催馬楽】より


[編成]
 催馬楽は朗詠とともに管絃の演奏会のプログラムに加えられるのが通例となっており,歌の伴奏も管絃の諸楽器があたる。歌唱は数人による斉唱で行われるが,このうち冒頭の句は句頭といわれる主席唱者の独唱による。なお句頭は笏拍子を手にもち,これを打つことによって,曲の開始や,斉唱が加わってからの拍節的なリズムをリードする役目をも担っている。…

※「句頭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

句頭の関連キーワード伊呂波連歌冠字連歌小倉付け名号連歌駿河舞字訓詩雑俳連歌語句点者尾句頭韻謡物音頭折句東遊

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

句頭の関連情報