冥利が悪い(読み)ミョウリガワルイ

デジタル大辞泉の解説

冥利(みょうり)が悪・い

神仏の加護を受けられない。また、ありがたすぎて、ばちがあたる。
「負債を返さないでは、余り―・いでないか」〈鏡花・化銀杏〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みょうりがわるい【冥利が悪い】

神仏の加護が受けられない。ばちがあたる。 「墓参りでもしてやらなければ-・いから/塩原多助一代記 円朝

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

みょうり【冥利】 が 悪(わる・わり)

① 神仏のご利益がない。また、あまりにひどいことをするので、神仏の加護を受けられない。
黄表紙・玉磨青砥銭(1790)「女郎のきつねだから、竹むらでもまぐそをうりそうなものなれど、それではめうりがわるひといって」
② あまりにありがたすぎてばちがあたる。冥利に尽きる。
※黄表紙・莫切自根金生木(1785)上「そのやうにいただきますと、めうりがわるふござります」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android