コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冥利 みょうり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

冥利
みょうり

冥加利益の意。神仏によって知らず知らずに与えられる利益のこと。神仏の助け。転じて,運,幸福の意味で用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

みょう‐り〔ミヤウ‐〕【冥利】

仏・菩薩(ぼさつ)が人知れず与える利益(りやく)。
知らず知らずの間に神仏から受ける利益や恩恵。また、善行の報いとして受ける幸福。「冥利がいい」
ある立場にいることによって受ける恩恵。「役者冥利」「男冥利
職業や身分を表す語の下に付けて、それにかけて誓うという意を表す。
「今は粉屋の孫右衛門、商ひ―、女房限ってこの文見せず」〈浄・天の網島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みょうり【冥利】

〘仏〙 仏や菩薩が知らず知らずのうちに与える利益。
知らず知らずのうちに神仏から受ける利益。 「まづ第一-が能いわさ/滑稽本・浮世風呂
ある立場・状態にあることによって受ける恩恵・しあわせ。 「役者-」 「商売-で折ふしまぐれあたりで/安愚楽鍋 魯文
身分・職業などを表す言葉の下に付けて、約束をたがえれば冥利を受けられなくてもかまわない、の意を表す。 「男-商ひ-虚言ござらぬ/浄瑠璃・博多小女郎
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

冥利の関連キーワード冥・名・命・明・盟・瞑・茗・迷・銘・鳴パン(食物)浮世風呂商い冥利商い冥加尽きる男冥加女冥加侍冥利女冥利侍冥加男冥利神八幡冥加悪い下直

冥利の関連情報