凄其(読み)せいき

精選版 日本国語大辞典「凄其」の解説

せい‐き【凄其】

〘形動タリ〙 (「其」は語調をととのえる語) すさまじいさま。さむざむとしたさま。
※菅家文草(900頃)一・秋風詩「一箇青蘋末、凄其万不同」
米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉二「此日陰風淒其として、殊に凜冽へたり」 〔詩経‐邶風・緑衣〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android