准燭炭(読み)じゅんしょくたん(英語表記)canneloid

岩石学辞典の解説

准燭炭

この語は様々に用いられている[Tomkeieff : 1954].(1) 蝋燭(ろうそく)(candle)のような石炭,(2) 燭炭と瀝青炭の中間組成の石炭,(3) 帯状の石炭の中の鈍色の帯(durain),(4) ランクが普通のものよりも高い燭炭(cannel coal)で,半無煙炭(semi-anthracite)または無煙炭.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android