コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

准燭炭 じゅんしょくたんcanneloid

岩石学辞典の解説

准燭炭

この語は様々に用いられている[Tomkeieff : 1954].(1) 蝋燭(ろうそく)(candle)のような石炭,(2) 燭炭と瀝青炭の中間組成の石炭,(3) 帯状の石炭の中の鈍色の帯(durain),(4) ランクが普通のものよりも高い燭炭(cannel coal)で,半無煙炭(semi-anthracite)または無煙炭.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android