凍結破砕作用(読み)とうけつはさいさよう(英語表記)congelifraction

岩石学辞典の解説

凍結破砕作用

岩石の破片や土壌が氷結作用で分裂すること.従ってcongelifractはこのような分裂で作られた破片をいい,congelifractateはこれらの破片が堆積して集合したもの[Bryan : 1946].ラテン語のcongelareは凍る,fractareは壊れるの意味.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

世界大百科事典内の凍結破砕作用の言及

【周氷河地形】より

…定義によって周氷河地域の範囲は一致しないが,陸地面積の10~15%を占めるとみられている。
[周氷河地形形成作用]
 周氷河地域の地形形成作用で最も重要な凍結融解作用frost actionは,〈凍結破砕作用frost shattering,congelifraction〉と〈融凍攪拌(かくはん)作用(クリオタベーション)cryoturbation〉に大別される。前者は,岩石の節理や孔隙中の水が凍るとき体積が約10%増大するために生ずる圧力で,岩盤から岩塊・岩片を剝離させ,それをさらに細片化して岩屑をつくる作用である。…

【雪食作用】より

…ニベーションともいう。残雪が,雪渓や雪田として夏に遅くまで残る所では,昼間,残雪からとけ出した水分が周囲の岩石や土壌中にしみこみ,夜には凍結するので岩石が破砕され(凍結破砕作用),生じた岩片は融雪水によって斜面下方へ運ばれる。また融雪水で飽和されてどろどろになった表層の土壌は,下方に向かってゆっくりと移動する(ジェリフラクションgelifluction)。…

※「凍結破砕作用」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android