コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凝縮熱 ギョウシュクネツ

デジタル大辞泉の解説

ぎょうしゅく‐ねつ【凝縮熱】

気体が凝縮して液体になるときに放出する熱量気化熱と等しい。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

凝縮熱【ぎょうしゅくねつ】

気体が凝縮して同温度の液体になるとき放出する熱量。潜熱の一種。普通,気体1g,1kgまたは1molについての熱量で表す。気化熱に等しい。→凝縮器
→関連項目凝結

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ぎょうしゅくねつ【凝縮熱】

凝縮のときに放出される熱量。その値は気化熱の値に等しい。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の凝縮熱の言及

【凝結】より

…蒸気が冷たいガラスなどに触れて物体の表面に凝結する現象は結露と呼ばれる。蒸気が凝結して,同温の液体になるときには熱を放出するが,これを物質の単位質量(1g,1kg,または1mol)当りで表したものを凝縮熱と呼ぶ。凝縮熱の大きさは気化熱に等しい。…

※「凝縮熱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone