コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凝縮器 ぎょうしゅくき condenser

翻訳|condenser

5件 の用語解説(凝縮器の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

凝縮器
ぎょうしゅくき
condenser

蒸気を冷水,冷媒などを使って冷却し,凝縮させる装置で,一種の熱交換器である。特に凝縮する蒸気が水蒸気だけの場合は復水器という。工業用凝縮器には,蒸気と冷媒が金属表面を通して間接的に熱交換を行う表面凝縮器と,蒸気と冷媒を直接接触させて凝縮させる混合凝縮器とがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぎょうしゅく‐き【凝縮器】

気体を冷却・圧縮して液化させる装置。復水器・リービッヒ冷却器などがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

凝縮器【ぎょうしゅくき】

コンデンサーとも。蒸気を冷水またはブライン等の冷媒を用いて冷却凝縮させる一種の熱交換器。水蒸気の凝縮に用いる場合には復水器という。化学実験用のものは冷却器という。
→関連項目凝結凝縮凝縮熱コンデンサー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ぎょうしゅくき【凝縮器】

気体を冷却して、液化する装置。蒸留器・冷却器などに用いられる。蒸気機関のものは復水器と呼ばれる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

凝縮器
ぎょうしゅくき
condenser

気体を液化させるための装置。蒸気機関の復水器(蒸気回収用凝縮器)や冷凍機用凝縮器のように取り扱う物質が単一の場合には、その液の沸点は圧力(蒸気圧)によって定まるので、その温度以下に冷却することによって、蒸気を凝縮液化させることができる。図Aはその概念を示す。点Aの状態(温度tA、圧力pA)の蒸気を圧力一定の下で冷却すれば温度tBにおいて凝縮する。他方、温度は一定でも圧縮することによって圧力pCにおいても凝縮がおこる。しかし、多くの場合前者の方法が用いられ、とくに後者と区別する必要がある場合「冷却凝縮器」cooler condenserとよばれる。
 大気中の湿度調整の場合のように凝縮性蒸気(水蒸気)と非凝縮性ガス(操作する温度範囲で凝縮をおこさない成分――空気)との混合物を取り扱う場合も、図の圧力を蒸気分圧として同様に考えてよいが、実際の操作では非凝縮性ガスが冷却面への蒸気の拡散を妨げることなどもあって、凝縮器の設計は単一成分の場合より複雑となる。また、蒸留装置の塔頂凝縮器のように、凝縮成分が2成分以上の場合には、凝縮過程で蒸気組成と凝縮液組成が異なることにも留意する必要がある。
 凝縮器は気相から液相への相変化を目的とする装置であるが、初期状態から飽和温度までの顕熱ならびに凝縮潜熱を除去する必要があり、この面では一種の熱交換器と考えてよい。したがって凝縮器の型式は熱交換器と同様であり、とくに垂直型または水平型の多管式のものが多く用いられる。
 三重点(物質によって定まっている)以下で操作する場合には気‐固間の相変化となり凝縮物は固相として得られる(図B)。昇華の逆向きの操作であり、真空排気系や放射性ウランの遠心分離操作のなかで、低温トラップとして用いられている。[河村祐治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の凝縮器の言及

【復水器】より

…一般に,蒸気相にある物質からその潜熱を奪って液化させる装置をコンデンサーcondenser,または凝縮器というが,凝縮する蒸気が水蒸気の場合,とくに復水器という。復水器の最大の用途は蒸気原動所における蒸気タービンの排気の復水で,復水器を置くことによって,タービン排気を大気圧よりずっと低い復水器真空で引くことができるうえ,復水はきわめて良質の蒸留水であるのでボイラー用給水として循環使用することができる。…

【冷却器】より

…液体を加熱して気化させ,これを再び液体とするのに用いる器具。凝縮器あるいはコンデンサーともいう。主としてガラス製であるが,銀,スズなどの金属を使うこともある。…

※「凝縮器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

凝縮器の関連キーワード還流冷却器凝結冷媒液冷復水膨張弁サプレッションプール円筒式冷却機空気凍結氷予冷

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

凝縮器の関連情報