処世術(読み)ショセイジュツ

精選版 日本国語大辞典の解説

しょせい‐じゅつ【処世術】

〘名〙 社会生活をしてゆく上の方策。世渡りの方法。処世法。
※田舎医師の子(1914)〈相馬泰三〉七「老医師の云ふ所は、哲学といふよりは当然それは処世術とも呼ばるべき種類のものに限られてゐた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

処世術の関連情報