コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相馬泰三 そうまたいぞう

3件 の用語解説(相馬泰三の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

相馬泰三
そうまたいぞう

[生]1885.12.29. 新潟,庄瀬
[没]1952.5.15. 東京
小説家。本名,退蔵。早稲田大学英文科中退。葛西善蔵広津和郎らと『奇蹟』を創刊 (1912) ,『田舎医師の子』 (14) などで自然主義風な虚無的,倦怠的な作風を示した。代表作は長編『荊棘 (いばら) の路』 (18) で,『奇蹟』同人をモデルに,文学を志す者の貧困と苦悩を描いている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相馬泰三 そうま-たいぞう

1885-1952 大正-昭和時代の小説家。
明治18年12月29日生まれ。広津和郎(ひろつ-かずお)らと同人誌「奇蹟」を創刊。大正3年「田舎医師の子」で文壇にみとめられる。7年の「荊棘(いばら)の路(みち)」は代表作とされるが,モデル問題をおこした。晩年は加太こうじ紙芝居の制作にたずさわる。昭和27年5月15日死去。66歳。新潟県出身。早大中退。本名は退蔵。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

相馬泰三
そうまたいぞう
(1885―1952)

小説家。新潟県生まれ。本名退蔵。早稲田(わせだ)大学英文科中退。1912年(大正1)葛西善蔵(かさいぜんぞう)、広津和郎(かずお)らと同人雑誌『奇蹟(きせき)』を創刊し、『夢』などを発表。14年自伝的作品『田舎(いなか)医師の子』を発表して文壇に登場。生活や友人に対して超然とした態度をとるべきだという、作家風々(ふうふう)主義を唱えていたが、唯一の長編『荊棘(けいきょく)の路(みち)』(1918)において、友人たちを悪(あ)しざまに描き、モデル問題をおこした。昭和に入ってからは農村問題に関心をもち、また紙芝居の向上に貢献した。[大森澄雄]
『『現代日本文学大系49 相馬泰三他集』(1973・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相馬泰三の関連キーワード梅園美千代テリトリー新潟日報新潟ふるさと村わかぶな高原スキー場新潟県新潟市南区庄瀬新潟県新潟市南区庄瀬村分新潟県新潟市西区山田赤沢鍾美有馬氏保

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone