コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凪ぐ/和ぐ ナグ

デジタル大辞泉の解説

な・ぐ【×凪ぐ/和ぐ】

[動ガ五(四)]
(凪ぐ)風がやんで波が静かになる。風波がおさまる。「―・いだ海」
(和ぐ)気持ちが穏やかになる。なごむ。「心が―・ぐ」
[動ガ上二]
1に同じ。
「海つ路の―・ぎなむ時も渡らなむかく立つ波に舟出すべしや」〈・一七八一〉
天候が穏やかになる。よく晴れわたる。
「雲もなく―・ぎたる朝の我なれやいとはれてのみ世をば経ぬらむ」〈古今・恋五〉
2に同じ。
「天離る鄙(ひな)とも著(しる)くここだくも繁き恋かも―・ぐる日もなく」〈・四〇一九〉
[補説]「凪」は国字

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

凪ぐ/和ぐの関連キーワード浅井図南風波

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android