凪/和ぎ(読み)ナギ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


なぎ

風が一時的に吹きやんだ状態をいう。この状態が現れるのは主として次の二つの場合である。(1)気流の方向が、その中にある渦(うず)乱流の方向と一致すると、風速は相加わって一時的に突風になるが、これと反対に気流の方向が渦乱流の方向と打ち消し合うと、風速を減じ、場合によっては一時風が吹きやむ。英語ではこの場合をラルlullという。(2)海岸近くでは、日中は海から内陸部に吹き込んでくる海風が、夜間は反対に内陸部から海の方に向かって流れる陸風が吹く。また山間部では、日中は谷の奥に平野部から吹き込んでいく谷風が、夜間は谷間から平野に向け流れ出す山風が吹く。これら二対の風は朝晩に交替期があるが、そのときには一時風がやみ、凪となる。これが朝凪、夕凪とよばれる現象である。日本では瀬戸内方面の夏の凪が蒸し暑いので有名である。[根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android