出歯亀(読み)でばかめ

精選版 日本国語大辞典「出歯亀」の解説

でば‐かめ【出歯亀】

〘名〙 (明治四一年(一九〇八)、女湯のぞきの常習者で、出っの植木職池田亀太郎という男が、東京・大久保で性的殺人事件を起こしたところから) 女湯をのぞくなど変態的なことをする男、転じて、好色な男の蔑称。
※東京二六新聞‐明治四一年(1908)六月一七日「彼に類する行を為す者は誰でも出歯亀といひ、二代目三代目と云ふやうになりて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「出歯亀」の解説

でば‐かめ【出歯亀】

《明治41年(1908)風呂帰りの女性を殺害した女湯のぞきの常習者、池田亀太郎という出っ歯の男のあだ名から。「でばがめ」とも》のぞきをする男。また、痴漢変質者

でば‐がめ【出歯亀】

でばかめ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android