コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摂食 せっしょく feeding; ingestion

4件 の用語解説(摂食の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

摂食
せっしょく
feeding; ingestion

有機栄養生物が生きるために食物を体内にとり入れること。溶存態物質,懸濁態物質,たい積物,餌生物等からとり入れる。摂食の量や速度は,環境の条件 (水温,光量,潮汐等) によって変化し,さらに摂食者の年齢,密度等の生理・生態学的条件によっても異なる場合が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せっ‐しょく【摂食】

食物をとること。主に飼育している動物についていう。「摂食行動」「摂食異常」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

摂食

 生物が外部の栄養素を取り込むこと.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せっしょく【摂食】

(動物が)食物をとること。 「 -行動」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の摂食の言及

【餌】より


[食物としての餌]
 一般に動物は食物という形で必要な栄養を取り込まなければならない。この場合の食物がもっとも基本的な意味での餌であり,餌をとることを摂食(または採食,採餌)という。 何を餌とするかは動物によって異なり,動物を食べるもの(肉食),植物を食べるもの(草食),両方を食べるもの(雑食)などの区別がある。…

【食欲】より


【食欲(=空腹感)および満腹感の意義】
 すべての動物は個体および種族の維持に基本的な学習によらない生得的に備わった本能(食欲,飲欲,性欲など)を有している。食欲は個体の生命維持に不可欠な本能の一つであり,食欲および満腹感の発生によって,動物は摂食量を調節する。健康なヒトや動物は極端に太ったり,やせたりすることはない。…

※「摂食」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

摂食の関連キーワード食事独立栄養生物無機栄養有機栄養化学合成従属栄養生物化学合成独立栄養生物化学合成無機栄養生物化学合成有機栄養生物自家栄養生物無機栄養生物

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

摂食の関連情報