コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出石城 いずしじょう

日本の城がわかる事典の解説

いずしじょう【出石城】

兵庫県豊岡市出石町にあった平山城(ひらやまじろ)。江戸時代の一国一城令下、但馬唯一の城。出石城は、1604年(慶長9)小出吉英(こいでよしふさ)が有子山頂から麓に移し、築城したもの。以来、小出氏8代の居城となり、藤井松平氏(忠晴家)を経て、1706年(宝永3)仙石政明(せんごくまさあき)が入封し、明治にいたるまで仙石氏7代が居城した。出石城は江戸時代三大お家騒動の一つといわれる「仙石騒動」でも有名で、天保年間に起きた仙石騒動で5万8000石から3万石に減封された。1868年(明治1)に出石城の建物は取り壊されたが、小出吉英が築いた稲荷台・本丸・二の丸などの石垣が現存している。稲荷台には城の鎮守だった稲荷神社があり、また本丸隅櫓(すみやぐら)・登城門・登城橋などが復元され、堀のあった一帯は登城橋河川公園として整備されている。JR山陰本線豊岡駅からバス、出石下車。

出典 講談社日本の城がわかる事典について 情報

出石城の関連キーワード兵庫県豊岡市出石町内町出石糸井県立自然公園加藤 弘之有子山城小出吉英豊臣秀長出石浪漫仙石政明羽柴秀長仙石騒動但馬国小出氏出石藩居城

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出石城の関連情報