コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎮守 チンジュ

デジタル大辞泉の解説

ちん‐じゅ【鎮守】

兵士を駐在させて、その地をしずめ守ること。
鎮守神のこと。また、その神を祭った神社。「村の鎮守の祭り」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちんじゅ【鎮守】

土地ないし施設を霊的な疫災から守護する神。鎮主とも書く。もと鎮安守護の意で鎮守府,鎮守使など一般に形容語とするが,日本では平安朝以来独立の成語として鎮守神をさす。もと大乗仏教の護法善神の思想により寺院の守護神として勧請(かんじよう)したもので,興福寺の春日明神,高野山の丹生(にう)明神,比叡山の山王権現,東寺の鎮守八幡宮など多くは寺院の建立以前からの地主神(じぬしがみ)を改めてまつった。これには本来,強力な来訪神が在地の神霊を慰撫し服属せしめる方式が生かされており,鎮守神としての奉斎がおのずから他の諸霊を制する神威を高めることになる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちんじゅ【鎮守】

軍隊を駐在させ、その土地を守ること。
「鎮守府」の略。
土着の神をしずめて、国・城・寺院・村落などを守護する神。近世以降、氏神・産土神・地主神などと同一視し、各村落の神社をさすようになった。 「村の-のお祭」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鎮守の関連キーワード長野県長野市長野箱清水長崎県佐世保市平瀬町大阪府泉南市信達岡中鎮守の杜・鎮守の森長野県長野市南長野鎮守府(帝国海軍)愛知県稲沢市長野京都府舞鶴市北吸鎮守府(古代)上原 伸次郎有馬 新一川野 勝次南都鏡神社芳村 種吉上原伸次郎秋山 藤吉鎮守森古墳鎮守府将軍藤原利仁鎮守の社

鎮守の関連情報