コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎮守 チンジュ

3件 の用語解説(鎮守の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちん‐じゅ【鎮守】

兵士を駐在させて、その地をしずめ守ること。
鎮守神のこと。また、その神を祭った神社。「村の鎮守の祭り」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちんじゅ【鎮守】

土地ないし施設を霊的な疫災から守護する神。鎮主とも書く。もと鎮安守護の意で鎮守府,鎮守使など一般に形容語とするが,日本では平安朝以来独立の成語として鎮守神をさす。もと大乗仏教護法善神の思想により寺院の守護神として勧請(かんじよう)したもので,興福寺春日明神高野山の丹生(にう)明神,比叡山山王権現,東寺の鎮守八幡宮など多くは寺院の建立以前からの地主神(じぬしがみ)を改めてまつった。これには本来,強力な来訪神が在地の神霊を慰撫し服属せしめる方式が生かされており,鎮守神としての奉斎がおのずから他の諸霊を制する神威を高めることになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちんじゅ【鎮守】

軍隊を駐在させ、その土地を守ること。
「鎮守府」の略。
土着の神をしずめて、国・城・寺院・村落などを守護する神。近世以降、氏神・産土神・地主神などと同一視し、各村落の神社をさすようになった。 「村の-のお祭」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鎮守の関連情報