鎮守(読み)チンジュ

デジタル大辞泉の解説

ちん‐じゅ【鎮守】

兵士を駐在させて、その地をしずめ守ること。
鎮守神のこと。また、その神を祭った神社。「村の鎮守の祭り」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちんじゅ【鎮守】

土地ないし施設を霊的な疫災から守護する神。鎮主とも書く。もと鎮安守護の意で鎮守府,鎮守使など一般に形容語とするが,日本では平安朝以来独立の成語として鎮守神をさす。もと大乗仏教の護法善神の思想により寺院の守護神として勧請(かんじよう)したもので,興福寺の春日明神,高野山の丹生(にう)明神,比叡山の山王権現,東寺の鎮守八幡宮など多くは寺院の建立以前からの地主神(じぬしがみ)を改めてまつった。これには本来,強力な来訪神が在地の神霊を慰撫し服属せしめる方式が生かされており,鎮守神としての奉斎がおのずから他の諸霊を制する神威を高めることになる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちんじゅ【鎮守】

軍隊を駐在させ、その土地を守ること。
「鎮守府」の略。
土着の神をしずめて、国・城・寺院・村落などを守護する神。近世以降、氏神・産土神・地主神などと同一視し、各村落の神社をさすようになった。 「村の-のお祭」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちん‐じゅ【鎮守】

〘名〙
① (━する) 辺境に軍隊を派遣駐屯させ、原地民の反乱などからその地をまもること。特に、奈良・平安時代、鎮守府にあって蝦夷を鎮衛すること。鎮戍(ちんじゅ)。鎮衛。
※続日本紀‐天平九年(737)四月戊午「麻呂等帥余三百五人多賀柵〈略〉国大掾正七位下日下部宿禰大麻呂鎮牡鹿柵。自余諸柵依旧鎮守」 〔曹丕‐以陳群為鎮軍司馬懿為撫軍将詔〕
② 「ちんじゅふ(鎮守府)①」の略。
※続日本紀‐天平元年(729)八月癸亥「又陸奥鎮守兵及三関兵士、簡定三等
③ 一国・王城・寺院・村落など一定の地域で、地霊をしずめ、その地を守護する神。また、その神社。鎮主。鎮守の神。鎮守神。
※本朝世紀‐天慶二年(939)正月一九日「官符三通。皆給出羽国。〈略〉一通鎮守正二位勲三等大物忌明神山燃〈有御占〉事恠」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鎮守の関連情報