コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臣従 シンジュウ

デジタル大辞泉の解説

しん‐じゅう【臣従】

[名](スル)臣下として主君につき従うこと。また、その人。
「天地主宰の真君有るを知て之に―し」〈吉岡徳明・開化本論〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんじゅう【臣従】

( 名 ) スル
臣下としてつき従うこと。また、その者。 「諸国の武夫は大名小名に-して/日本開化小史 卯吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

臣従の関連キーワードヒコホホデミノミコト(彦火火出見尊)託身(封建的臣従の儀礼)ウィリアム[2世]バーツラフ[1世]バイジュ(拝住)タッシロ[3世]アリアラテス2世アルテミシア1世タールクダール万里小路冬房ランサン王国大炊御門経光寄親・寄子新待賢門院宣誓拒否者三条西実条勧修寺教秀鷹司冬教一条昭良ブルース

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

臣従の関連情報