臣従(読み)しんじゅう

精選版 日本国語大辞典「臣従」の解説

しん‐じゅう【臣従】

〘名〙 家来が主君につき従うこと。臣下として主君に従い仕えること。また、その人。
※日本風俗備考(1833)四「仏陀の教へを奉ずる僧尼及び其臣従を数ふれば、其数又鉅大たり」 〔荘子‐天道〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「臣従」の解説

しん‐じゅう【臣従】

[名](スル)臣下として主君につき従うこと。また、その人。
「天地主宰の真君有るを知て之に―し」〈吉岡徳明・開化本論〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android