コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出雲荘 いずものしょう

2件 の用語解説(出雲荘の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いずものしょう【出雲荘】

大和国城上郡(現,奈良県桜井市の北西部)にあった荘園。まず興福寺雑役免荘の一つとして1070年(延久2)の坪付帳にその名がみえる。総面積21町3反半で,荘田は散在形式を示している。鎌倉時代にはこの地域に,興福寺大乗院の重色所領の一つ出雲荘が成立していた。この荘園は1186年(文治2)の坪付帳によると総面積32町2反余で,荘田は4ヵ所に分散するが,雑役免荘の段階より円田化された形をとっている。のち一色田である間田11町2反280歩が加わり総面積は43町5反となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

出雲荘
いずものしょう

大和(やまと)国城上(しきのかみ)郡(奈良県桜井市大字江包(えつつみ)、大西付近)の興福寺領荘園。1070年(延久2)には21町余(1町は約119アール)の雑役免田畠(ぞうえきめんでんばた)にすぎず、この段階ではまだ基本的には国衙(こくが)領であった。延久(えんきゅう)以後のいつごろかに興福寺大乗院(だいじょういん)の一円荘園になり、鎌倉時代にいわゆる均等名(きんとうみょう)荘園としてその姿を現す。1186年(文治2)の坪付(つぼつけ)帳によると総面積は32町余で、そのうち22町余の田畠が1町余から2町までのほぼ均等な16の名(みょう)に分割、編成されていた。各名には原則として1反の屋敷地が認められていた。14世紀初頭には3名減って13名になっており、以後戦国時代まで13名制が維持されたようである。大乗院の根本所領12か所の一つ。[安田次郎]
『渡辺澄夫著『増訂 畿内庄園の基礎構造』(1969・吉川弘文館) ▽島田次郎著「畿内荘園における中世村落」(『日本社会経済史研究 古代中世編』所収・1967・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出雲荘の関連キーワード磐余初瀬大和川忍坂磯城鳥見山豊山派訳語田宮巻向山斎槻

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone