コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出雲路通次郎 いずもじ みちじろう

美術人名辞典の解説

出雲路通次郎

神官。京都下御霊神社の宮司。名は敬通。有職故実第一人者で、能筆家として聴え、京大講師、大阪女専教授を歴任宮内省嘱託。昭和14年(1939)歿、62才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出雲路通次郎 いずもじ-みちじろう

1878-1939 明治-昭和時代前期の有職(ゆうそく)家,神職。
明治11年8月8日生まれ。38年父の跡をついで京都下御霊(しもごりょう)神社社司となる。大正4年,昭和3年の即位大礼に際し,大礼諸儀などの故実調査をおこなう。京都帝大,竜谷大などでおしえた。昭和14年11月26日死去。62歳。名は敬通(もりみち)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

出雲路通次郎の関連キーワード出雲路 通次郎山崎闇斎神職有職明治神官

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android