コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇典講究所 こうてんこうきゅうじょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

皇典講究所
こうてんこうきゅうじょ

国典を研究し,国体の意義を明らかにし,日本的徳性を有する人材を育成することを目的として,山田顕義岩下方平らにより 1882年東京に設立された財団法人。 1890年には,国史国学を研究するための國學院を設立し,神職の養成も行なった。 1946年解散し,その事業は國學院大學に受け継がれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうてん‐こうきゅうしょ〔クワウテンカウキウシヨ〕【皇典講究所】

明治15年(1882)東京に開設された皇典研究と神職養成を目的とした機関。明治23年(1890)国学院を設立。昭和21年(1946)解体後は国学院大学神社本庁に引き継がれた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こうてんこうきゅうじょ【皇典講究所】

1882年,東京市麴町区飯田町(現在のJR飯田橋駅付近)に設立された財団法人。その目的は〈凡ソ学問ノ道ハ本ヲ立ツルヨリ大ナルハ莫シ〉(初代総裁有栖川宮幟仁(たかひと)親王告諭)ということから,国体を講明し,徳性を涵養し,皇典を講究して祭祀・旧儀古式を明らかにし,かつこれに必要な教育を施して国家有用の人物を養成することにあった。本所は,当初,神道界の人材育成を行ってきた神道事務局生徒寮の事業を継承したものであったが,1890年,初代所長山田顕義はその制度を一新して国学院を創設し,学問の領域と教育の規模を拡張した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうてんこうきゅうしょ【皇典講究所】

1882年(明治15)東京に設立された皇典研究・神職養成機関。90年国学院を創設、その経営にあたる。第二次大戦後解散し、国学院大学と神社本庁に引き継がれた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の皇典講究所の言及

【国学院大学】より

…東京都渋谷区にある私立大学。1882年自由民権運動に対抗する国粋主義の気運を反映して,全国の神職団体が設立した国典・国学の研究教育機関,皇典講究所が前身。同講究所は皇室から多額の内帑金(ないどきん)をうけ,神職養成や国学普及の文化事業を展開,90年には教育事業を拡充して国学院を設立した。…

※「皇典講究所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

皇典講究所の関連キーワード有栖川宮幟仁親王竹田宮恒久王目黒 和三郎阿蘇 惟孝小宮山南梁下田 義照佐佐木行忠久保 悳鄰中尾五百樹植木直一郎川崎田豆雄目黒和三郎大宮兵馬徳川圀順今井清彦三浦正道今泉定助樋口光訓友安盛敏和田英松