コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刀玉 カタナダマ

デジタル大辞泉の解説

かたな‐だま【刀玉】

田楽などで、数本の短刀空中に投げ上げては手で受け取る曲技。また、その曲芸師。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かたなだま【刀玉】

小刀・玉などを次々と投げ上げては受け、また投げ上げる曲芸。古く散楽中の一曲として西域から中国を経て伝わり、のち、猿楽や田楽の中で演じられ、江戸時代には放下師・太神楽の芸となった。品玉しなだま

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

刀玉の関連キーワード日本神話の神々こうもり塚古墳田楽(芸能)江戸時代天津司舞北山古墳瓊瓊杵尊天児屋命傀儡子太神楽石凝姥放下師太玉命猿楽小刀品玉田楽西域

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android