コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分別沈殿 ブンベツチンデン

デジタル大辞泉の解説

ぶんべつ‐ちんでん【分別沈殿】

2種類以上の成分を含む混合溶液に、各溶質溶解度の差を生じさせる沈殿剤を加え、各成分を分離・精製する方法。互いに化学的性質がよく似た希土類元素の分離などに利用される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶんべつちんでん【分別沈殿】

二成分以上の溶質を含む溶液に沈殿剤を加え、生ずる沈殿の溶解度の差を利用してそれぞれを分離精製する操作。普通は、沈殿生成と溶解を多数回繰り返すことにより分離を完全なものとする。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の分別沈殿の言及

【分別結晶】より

…この方法は,イオン交換などのようなクロマトグラフィーと似た操作に比べて,操作を多数回くり返す点ではなはだ手数がかかるが,大量の物質を処理できる点で有利な精製法といえよう。難溶性塩の生成を利用する分別結晶の操作はとくに〈分別沈殿〉とよぶ。そのほか,固溶体とその融成物との間における固液両相の分配の差異を利用して,これに同じ方法を適用する分別結晶も行われる。…

※「分別沈殿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

分別沈殿の関連キーワードアミラーゼセリウムトリウム分別沈殿

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android