コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分娩誘発剤 ぶんべんゆうはつざい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分娩誘発剤
ぶんべんゆうはつざい

人工的に陣痛をつける目的で処方されている薬剤の総称。プロスタグランジンオキシトシンなどがある。プロスタグランジン E2 や F2 は,子宮の平滑筋を強力に収縮させる作用,子宮頸管の軟化作用がある。これらの作用を利用した薬物である。従来から使用されているオキシトシンよりも,作用が確実で,より安全になった。オキシトシンは脳下垂体後葉から分泌されるホルモンで,プロスタグランジンと同様に子宮収縮作用があり,分娩期の陣痛を促進する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android