コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分娩誘発剤 ぶんべんゆうはつざい

1件 の用語解説(分娩誘発剤の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分娩誘発剤
ぶんべんゆうはつざい

人工的に陣痛をつける目的で処方されている薬剤の総称。プロスタグランジンオキシトシンなどがある。プロスタグランジン E2 や F2 は,子宮の平滑筋を強力に収縮させる作用,子宮頸管の軟化作用がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

分娩誘発剤の関連キーワード跡をつける火箭道を付ける陣痛誘発剤付爪陣痛発来御薬手帳残さ(渣)人工色素陣痛促進剤(子宮収縮薬)