コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分子識別 ぶんししきべつmolecular recognition

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんししきべつ【分子識別 molecular recognition】

生体分子が,他の低分子または高分子を特異的に識別して反応すること。酵素分子が,細胞内のなん千種類もの分子の中から,特定基質を識別して作用することは典型的な例である。生命現象は無数の分子識別過程から成り立っている。識別能力をもつ代表的分子はタンパク質であり,酵素のほかにも,例えば抗体は抗原をきわめて特異的に識別して結合する。タンパク質ホルモンは細胞表面の特定のレセプターを識別し,結合する。多くの膜タンパク質は特定の分子を識別して膜を通過させる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

分子識別の関連キーワードバイオセンサー生体分子