コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分散化傾向 (極端化傾向)

人材マネジメント用語集の解説

分散化傾向 (極端化傾向)

・分散化(極端化)傾向
・人事評価時に評価者が陥りやすいエラーのひとつ。
・中央化傾向と反対に、少しの差を必要以上に大きくして評価の良し悪しが二極化する傾向を指す(評価のばらつきが大きい)。
部下の能力や実績を把握しているという思い込みが強い、あるいは評価に差をつけて部下のやる気を高めようとすることなどが原因として考えられる。
・分散化傾向は、人事評価時における評価内容の正当性との乖離を表現する際に用いられ、人事評価時に評価者が留意する事項として捉えられている。
・分散化傾向の予防策としては、評価基準を十分に理解することが挙げられます。

出典 (株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について 情報

分散化傾向 (極端化傾向)の関連キーワード向心・離心ミシン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android