分書(読み)わかちがき

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 文字をつらねて語句や文章を書く時、言語単位の区切れを明らかにするため、単位と単位との間をあけて書くこと。また、その書き方。日本語では単語ごとに切る書き方、文節ごとに切る書き方がある。分別書き。
※吉里吉里人(1981)〈井上ひさし〉二二「漢字の使用は不可、全文仮名のわかち書き」
② 小さな字で二行に分けて書くこと。注などを本文の中に書き入れる時などに行なう。割書き。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android