コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ぶ

18件 の用語解説(分の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


(1) 小数の単位で 0.1。ただし何割何分というときは1割の 0.1倍,すなわち 0.01。 (2) 尺貫法の長さの補助単位で,1寸の 0.1倍。 (3) 尺貫法の質量の補助単位で,1匁の 0.1倍。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


ふん
minute

(1) 時間の単位 記号は min。1秒の 60倍,1時間の1/60。 (2) 角度の単位 記号は′。1度の1/60,1秒の 60倍。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぶ【分】

どちらに傾くかの度合い。自分のほうに有利になる度合い。「対戦成績ではが悪い」
利益の度合い。「のいい商売」
平らなものの厚さの度合い。「の厚い本」
音楽で、全音符の長さを等分に分けること。「四音符」
全体を10等分したもの。10分の1相当の量。「工事は九どおり完成した」「三咲きの桜」
単位の名。
㋐割合・利率で、1割の10分の1。全体の100分の1。「打率二割三
尺貫法で、1寸の10分の1。
㋒尺貫法で、1匁の10分の1。
㋓温度で、1度の10分の1。体温にいう。「七度八の熱が出た」
㋔江戸時代の通貨で、銭1文の10分の1、または金1両の4分の1。
㋕足袋などの大きさで、1文(もん)の10分の1。「一〇文三

ぶ【分】[漢字項目]

ぶん

ふん【分】

時間の単位。1分は60秒で、1時間の60分の1。記号min「―きざみで行動する」
角度および経度・緯度の単位。1分は1度の60分の1。分角
尺貫法の目方の単位。1分は1匁(もんめ)の10分の1、厘(りん)の10倍。
[補説]上に来る語によって「ぷん」ともなる。

ふん【分】[漢字項目]

ぶん

ぶん【分】

分けられた部分。分けまえ。「これは私の―です」
ある範囲の分量。区別されたもの。「あまった―をわける」
その人の持っている身分や能力。身の程。分際。「―をわきまえる」「―を守る」「―に安んずる」「―に過ぎる」
当然なすべきつとめ。本分。「学生は学問をその―とする」「己(おのれ)の―を尽くす」
物事の状態・様子・程度。「この―なら計画の実行は大丈夫だ」
仮にそうであるとする状態。「行く―には差し支えあるまい」
しな。ほう。
それだけのこと。だけ。
他の名詞につけて用いる。
㋐それに相当するもの、それに見合うものの意を表す。「増加―」「苦労―」「五日―」
㋑その身分に準じる意を表す。「私の兄貴―」
㋒成分の意を表す。「アルコール―」
㋓区切られた時間の意を表す。
「よい―のふだん着に着換えている」〈鴎外阿部一族
「跣足(はだし)になります―のこと」〈鏡花高野聖
「夏―の水飴の様に、だらしがないが」〈漱石坊っちゃん

ぶん【分】[漢字項目]

[音]ブン(呉) フン(漢) (慣) [訓]わける わかれる わかる わかつ
学習漢字]2年
〈ブン〉
全体をいくつかにわける。別にする。別々になる。「分解分散分譲分担分配分布分離分類分裂案分区分細分等分配分
全体からわかれた一部。全体を構成する一部。「分家分校分身水分成分部分養分
わかれ目。時間の区切り。「時分秋分春分節分
各人にわけ与えられたもの。性質・身分・責任など。「分限分際応分過分士分自分性分(しょうぶん)職分随分天分本分身分名分
物事の程度や状態。「分量気分十分寸分存分多分大分余分
見わける。わかる。「分明(ぶんめい・ぶんみょう)検分
〈フン〉
見わける。わかる。「分別
重さ・時間などの単位。「分針分速分銅
短い時間。わずか。「分陰分秒
〈ブ〉
物事の程度。「大分
割合・長さ・重さなどの単位。「九分九厘五分五分
[名のり]くまり・ちか・わか
[難読]分葱(わけぎ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

分【ぶ】

(1)漢数詞では1/10を表す。1分=10厘(りん)=100毛。(2)割合を表すときは1/10割つまり1/100をいう。(3)尺貫法の長さの単位。1分=1/10寸=1/100尺≒3.0303mm。

分【ふん】

(1)時間の単位。記号min。1分=1/60時=60秒。(2)角度の単位。記号′。1分=1/60度=60秒。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぶ【分】

尺貫法における長さまたは質量の単位および割合の単位。(1)長さの単位。1/10寸に等しく,1891年制定の度量衡法では,曲尺(かねじやく)の場合約3.03mmであり,分量単位十進法による厘,毛,糸である。また鯨尺1分は約3.8mmである。(2)質量の単位。匁の1/10で約0.375gである。平安時代から江戸時代まで用いられ,6銖(しゆ)に等しく,4分で1両になる。(3)割合の単位。1/100を表し,1/10割である。

ふん【分】

(1)時間の単位で,記号はmin。1min=60sと定義されている。(2)角度の単位で,記号は〈′〉。1′=(1/60)゜=(π/10 800)radである。(1)(2)とも国際単位系(SI)以外の単位であるが,SIと併用される単位となっている。(3)尺貫法の質量の単位。1/10匁に等しく,1891年制定の度量衡法によれば,0.375gに等しい。分量単位は1/10分の厘,1/10厘の毛である。【大井 みさほ】【三宅 史】

ぶん【分】

元来は区分されていることを意味する語であるが,そこから派生した,位,身分という意味が士農工商区分けと重なって江戸時代には一般化した。〈分に過たる衣裳を是非に着よと言ものはなき事なり〉(石田梅岩《斉家論》)のごときが典型的な用例だが,さまざまな名辞と結びついて相似たニュアンスの中で使われた。しかし,その用法は微妙な含意をもつことになる。〈それ天下の四民士農工商とわかれ,各々其職分をつとめ,子孫業を継で其家をとゝのふ〉(三井高房町人考見録》),〈下に居て上をしのがず,他の威勢あるを羨まず,簡略質素を守り,分際に安んじ〉(西川如見《町人囊》),〈家業を専にし,懈る事なく,万事其分限にすぐべからざる事〉(1711年(正徳1)の高札,手島堵庵《会友大旨》)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぶ【分】

単位の名。
尺貫法における長さの単位。寸の10分の1。尺の100分の1。
数の単位。10分の1。 「五-五-」
歩合ぶあいの単位。割の10分の1。すなわち100分の1の意。歩。
目方の単位。匁もんめの10分の1。 〔多く「ふん」と読んだ〕
江戸時代の貨幣単位。両の4分の1。 → しゆ
足袋たび・靴などの大きさで,文もんの10分の1。
体温の単位。度の10分の1。
うまくいく度合。有利な情勢。 「 -がある」
厚さの度合。厚み。 「 -が厚い」
[句項目]

ふん【分】

時間の単位。1秒の60倍。1時間の60分の1。記号 min   →
角度の単位。1度の60分の1。数字の右肩に「′」を付けて示す。
尺貫法の目方の単位。一匁もんめの10分の1。主に薬方で用いられた。ぶ。

ぶん【分】

( 名 )
分け与えられたもの。わけまえ。わりあて。 「この菓子は弟の-に残しておく」
人が置かれた立場や身分。また,人が備えている能力の程度。分際。 「 -をわきまえる」 「 -に応じた仕事を選ぶ」 「 -に過ぎたお褒めを戴く」
本分。つとめ。 「学生の-を尽くす」
物事の様子・状態。また,程度。くらい。 「この-なら大丈夫だ」
当然そうであること。 「 -の敵を討て,非分のものを討たず/読本・弓張月
名詞の下に付いて用いる。
一定の関係にあることを表す。 「兄弟-」 「兄貴-」
それに相当するもの,またはそれに当てられるものの意を表す。 「五人-の料理」 「来年度-の予算」
( 名 ・形動 )
一般と異なっていること。一般とちがってすぐれていること。また,そのさま。格別。特別。 「勘当が赦されたいと思召す男の心は-な物じや/浄瑠璃・ひらかな盛衰記」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単位名がわかる辞典の解説

ふん【分】

➀時間の単位。記号は「min」。1minは1秒の60倍、1時間の60分の1。
➁角度・経緯度の単位。記号は「′」。1′は1度の60分の1。πラジアンの1万800分の1。

ぶ【分】

➀尺貫法の長さの単位。1分は1尺の100分の1。約0.003m。◇名称は、キビ1粒の長さにちなむとされている。
➁尺貫法の重さの単位。1貫(かん)の1万分の1、1匁(もんめ)の10分の1を1分とする。約0.375g。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【円】より

…銭・厘を補助単位とする十進法の計算体系をもつ。それまで流通の江戸期金貨には1601年(慶長6)制定の両・分(ぶ)・朱という単位が使用されていた。1両=4分,1分=4朱の四進法であり,鋳貨の形態にも小判形と方形との2種があった。…

【金】より

…日本では古くから黄金(おうごん∥こがね)と呼ばれ,五色の金の一つとされている。 古くから使用された理由は,大部分単体の形で産出するからである。これを自然金という。…

【尺】より

…尺貫法における長さの単位。曲尺(かねじやく)の尺と鯨尺の尺の2種に分かれる。(1)曲尺の尺。…

【度量衡】より


[語義と出典]
 度,量,衡の3文字は順に,長さ,体積,質量を意味し,同時にそれぞれをはかるための道具(ものさし,枡,はかり)や基準を意味する。なお衡と類縁の文字で権(けん)というのもあるが,これは,はかりそのものではなく,分銅のほうを指す。これら4文字をさまざまに組み合わせた語が古くから用いられており,例えば度量という語は,人の心の広さを指すのに用いられ,また他方では度量衡,度量権衡などの語と同義的にも用いられて,〈長さ,面積,体積,質量をはかること,これらの量をはかるための道具や基準,また,それらにかかわる法律的,行政的な制度ないし公共的な協約〉を指すものと解されてきている。…

【両】より

…1891年に制定された度量衡法によって尺貫法が確立される以前に用いられた質量の単位。古代中国の単位に由来し,銖‐分‐両‐斤(銖は中位の秬黍(くろきび)100粒の重さ,分=6銖,両=4分,斤=16両)の系列をなし,唐の開元通宝の目方に等しい匁に対しては1両=10匁の関係にあり,ほぼ37.3gに相当する。ただし鎌倉時代後期以降,京都では金1両は4匁5分,銀1両は4匁3分などとされた。…

※「分」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

分の関連キーワード一・壱一・壱・壹逸・一・佚・溢・逸一再ざら車乗小雑色一、二、三─死一色町一本木

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

分の関連情報