コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分波器 ぶんぱきbranching filter

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんぱき【分波器 branching filter】

周波数の異なる信号を周波数によって分離,結合する装置。オーディオアンプの低音用スピーカーと高音用スピーカーに信号を供給するときにも用いられる。分波器は1入力と2出力をもつフィルターで,遮断周波数fc以下の信号は一方の出力へ,fc以上の信号は他方の出力へ送るローパスフィルターとハイパスフィルターの組合せで構成する。両出力を抵抗Rで終端したとき,入力から見て全周波数範囲で定抵抗Rに見える分波器を定抵抗分波器という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

分波器の関連キーワードフォトニック結晶スプリッター

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

分波器の関連情報