分限者(読み)ブゲンシャ

精選版 日本国語大辞典の解説

ぶげん‐しゃ【分限者】

〘名〙 分限の人。金持。富豪。富限者。ぶげんもの。
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)三「さらば雍歯に所領う取らせて、ぶげんしゃになされいそ」

ぶんげん‐しゃ【分限者】

〘名〙 金持。物持。長者。富豪。ぶげんしゃ。
咄本・八行整版本昨日は今日の物語(1614‐34頃)「ある大ぶんげんしゃ、祈祷のために連歌をせんとて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の分限者の言及

【分限】より

…戦国時代以後は武士の分限を記した分限帳が作成されている。なお分限の大なる者を分限者と呼び,商人の分限者は富商,金持ちの代名詞となった。【五味 文彦】。…

【分限】より

…戦国時代以後は武士の分限を記した分限帳が作成されている。なお分限の大なる者を分限者と呼び,商人の分限者は富商,金持ちの代名詞となった。【五味 文彦】。…

※「分限者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android