コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分限 ぶんげん

8件 の用語解説(分限の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分限
ぶんげん

公務員の身分に関する基本的な規律。身分保障の最も厚いのは裁判官である (憲法 78,裁判官分限法) 。特別職の公務員のなかには身分の保障のない者もある。国家公務員法地方公務員法は,一般職の公務員について,すべて職員の分限については公正でなければならないとの原則を掲げ,法律で定める事由なしに,その意に反して降任,休職,免職されないとし,身分保障,失職,離職,降任,免職,休職,定年などについて規定している (国家公務員法 74条1項,75,78~79,地方公務員法 27~29) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶ‐げん【分限】

ぶんげん(分限)1」に同じ。「分限に過ぎる厚遇」
ぶんげん(分限)2」に同じ。「にわか分限

ぶん‐げん【分限】

持っている身分・才能などの程度。身のほど。分際。ぶげん。「分限をわきまえる」
財産・資産のほど。財力。また、財力のあること。金持ち。ぶげん。「分限者」
公務員の身分に関する基本的な規律。身分保障・免職・休職・転職など。
ある物事の可能の限度。また、その能力や力。
「敵の―を推し量って、引けども機をば失はず」〈太平記・八〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぶげん【分限】

平安時代末から江戸時代にかけて,その人の社会的身分,地位,財産等を示す語。〈ぶんげん〉ともいう。時代と境遇とにより,何によって示されるかは違うが,鎌倉時代までは所領の広さや家人,郎従の数で示され,室町時代以後は所領の高が中心で,江戸時代の農民は持高,商人は広く財産をもって示される。武士はその分限に従って軍役を勤めることが求められ,分限相応に行動することがよしとされた。そこから分限の語は〈身の程〉とか,〈分際〉とかの意味でも使われた。

ぶんげん【分限】

公務員の身分に関する基本的規律をいうが,とくに,公務の能率的運営を確保するために法令に基づいて行われる公務員に対する不利益処分をさすことが多い。具体的には身分の喪失を含む身分上の変動(免職,休職,降任,降給など)を意味している。懲戒が公務秩序の維持を目的とする制裁であるのに対し,分限は,公務の能率的運営の確保を目的としている点で異なっている。旧憲法下では,文官分限令(1899年公布の勅令)に基づいて行われた官吏の身分上の変動(免官,休職,転職等)の総称であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぶげん【分限】

〔「ぶんげん」とも〕
身のほど。分際。 「 -に過ぎたる財たから/読本・雨月 貧福論
財力があること。また、財産家。富者。 「万両-の大商人/西洋道中膝栗毛 魯文

ぶんげん【分限】

上下・尊卑の区別などによって定まる身分。身のほど。分際。ぶげん。 「 -をわきまえる」
財力。財産。また、金持ち。ぶげん。 「田舎の-」 「 -者」
公務員の身分に関する基本的なことがら。身分保障・転職・降任・免職など。
それ相応の能力や力。 「しかるを園城は-なきによつて/平家 7

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

分限
ぶんげん

物事の程度や分量、物事を行う能力や限度、あるいは身分の程度や分際をいう。「ぶげん」とも読み、分限者などと使う。また、その置かれた立場のようすや経済状態もいい、とくに江戸時代には、財産・資産の程度をいい、その財産や資産を多く有している人、すなわち富豪や資産家をさしていうことばとして用いられる。さらにこの上をゆく富豪を長者と称してこれを区別している。[棚橋正博]

法律上の分限

法律上で分限とは公務員の地位をさす。公務員の地位に不利益な影響を与える行為を分限処分といい、非行などを理由に公務員の道義的責任を追及する懲戒処分を除いたものを総称する。分限処分をなしうる事由は多様であるが、広くは公務能率の維持および適正な運営を目的とする。分限処分の種類には免職、降任、休職、降給の4種がある。
 分限免職・降任の事由は、「勤務実績がよくない場合」、「心身の故障のため、職務の遂行に支障があり、またはこれに堪えない場合」、その他「官職に必要な適格性を欠く場合」という職員側の事由のほか、いわゆる人員整理も認められている。休職には職員が刑事事件で起訴された場合になす起訴休職と、心身の故障のため長期の休養を要する場合の病気休職が公務員法に定められている。このほか、外国政府で働く場合など特別の休職事由がある。依願休職は認められないとされている。
 一般職の公務員は以上の分限事由や懲戒事由にあたらなければ意に反して不利益処分を受けない身分保障を有するが、条件付採用期間中の職員や臨時職員には身分保障の規定はない(国家公務員法75条以下、地方公務員法27条以下)。[阿部泰隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の分限の言及

【分限帳】より

…近世大名の家臣の禄高,役職,名などを記した帳面。分限とは富,財産のことで,さらに身分や地位を意味し,中世においても惣領が庶子に所領の大きさに応じて軍役を割り当てる際に,〈分限に応じ〉というように使われている。分限帳の内容は,作成の目的によって,(1)家臣団の軍事的配属を示す一種の陣立書ともいうべきもの,(2)番方(番方・役方)の家臣については上記の方法で記しながら,これと並列して役方や江戸詰などの家臣の日常行政的配属を別に記したもの,(3)大名が家臣団に役金,米を賦課する際の台帳として作成されたもの,(4)家臣に給所(知行地)を割りつける際の台帳として作成されたもの,などに分類される。…

【分】より

…しかし,その用法は微妙な含意をもつことになる。〈それ天下の四民士農工商とわかれ,各々其職分をつとめ,子孫業を継で其家をとゝのふ〉(三井高房《町人考見録》),〈下に居て上をしのがず,他の威勢あるを羨まず,簡略質素を守り,分際に安んじ〉(西川如見《町人囊》),〈家業を専にし,懈る事なく,万事其分限にすぐべからざる事〉(1711年(正徳1)の高札,手島堵庵《会友大旨》)。これらは階層秩序にかかわる通常の意味の例である。…

※「分限」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

分限の関連情報