切て回る(読み)きってまわる

精選版 日本国語大辞典の解説

きっ【切】 て 回(まわ)

① あちらこちらと手当り次第に切る。
※平家(13C前)九「あれに馳せあひ、これに馳せあひ、きてまはるに」
② 物事を処置するのに、中心になって活動する。
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「地代から貸金の催促まで家事一切独(ひとり)で切って廻る程あって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android