コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切(り)戸口 キリドグチ

デジタル大辞泉の解説

きりど‐ぐち【切(り)戸口】

くぐり戸をつけた小門。
能舞台で、右手側面の奥にあるくぐり戸。地謡後見などが出入りする。臆病口(おくびょうぐち)。忘れ口。切り戸。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

能楽事典の解説

切戸口

地謡や後見の出入りに使います。演者の退場に使用されることもあります。

出典|社団法人能楽協会能楽事典について | 情報

世界大百科事典内の切(り)戸口の言及

【能舞台】より

… シテやワキなどが扮装の変更や場面転換のためにアト座を利用することがある。舞台への出入りは橋掛りの突当りの幕口を主とし,ほかにアト座右奥に切戸口(きりどぐち)(臆病口とも)がある。幕口には揚幕(多くは五色の緞子(どんす)などをはぎ合わせて作る)を下げ,その両袖に結び付けた2本の竹で上げ下げする。…

※「切(り)戸口」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone