コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切(り)戸口 キリドグチ

デジタル大辞泉の解説

きりど‐ぐち【切(り)戸口】

くぐり戸をつけた小門。
能舞台で、右手側面の奥にあるくぐり戸。地謡後見などが出入りする。臆病口(おくびょうぐち)。忘れ口。切り戸。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の切(り)戸口の言及

【能舞台】より

… シテやワキなどが扮装の変更や場面転換のためにアト座を利用することがある。舞台への出入りは橋掛りの突当りの幕口を主とし,ほかにアト座右奥に切戸口(きりどぐち)(臆病口とも)がある。幕口には揚幕(多くは五色の緞子(どんす)などをはぎ合わせて作る)を下げ,その両袖に結び付けた2本の竹で上げ下げする。…

※「切(り)戸口」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

切(り)戸口の関連キーワード松羽目物くぐり戸能舞台舞囃子

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android