コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

くぐり戸(読み)くぐりど

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

くぐり戸
くぐりど / 潜り戸

一般には正門の横に設ける脇戸(わきど)や、扉や戸などの大きな建具の一部に組み込んだ、潜って通る小さな戸をさす。または、そうした戸をもつ出入口の総称。多くは通用口あるいは非常口として利用される。茶室建築、数寄屋(すきや)建築では、潜って出入りする小さな出入口はすべて潜り口といい、そこに設ける戸を潜り戸という。たとえば、躙口(にじりぐち)、水屋や勝手口から露地に通じる出入口、外露地と内露地との境に設けられる中潜りなどがある。これらには引き戸や開き戸が用いられる。また、民家の大戸(おおど)や雨戸にもしばしば設けられる。「切戸(きりど)」とも、単に「くぐり」ともいう。[中村 仁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

くぐり戸の関連情報