臆病口(読み)オクビョウグチ

デジタル大辞泉の解説

おくびょう‐ぐち〔オクビヤウ‐〕【臆病口】

能舞台の、向かって右手側面の奥にある小さな引き戸の出入り口。切り戸口。
歌舞伎舞台で、能舞台を模した舞台装置のとき、上手(かみて)奥に作られる出入り口。古くは、上下(かみしも)両方の大臣柱の後ろの出入り口。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おくびょうぐち【臆病口】

能舞台正面の鏡板の向かって右わきにある、切り戸口の別称。 → 能舞台
歌舞伎で、能舞台を模した装置(松羽目)を施した場合、上手かみて奥にある引き戸の小さい出入り口。古くは上下の大臣柱の後ろの出入り口をいい、黒幕を張ってあった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の臆病口の言及

【能舞台】より

… シテやワキなどが扮装の変更や場面転換のためにアト座を利用することがある。舞台への出入りは橋掛りの突当りの幕口を主とし,ほかにアト座右奥に切戸口(きりどぐち)(臆病口とも)がある。幕口には揚幕(多くは五色の緞子(どんす)などをはぎ合わせて作る)を下げ,その両袖に結び付けた2本の竹で上げ下げする。…

※「臆病口」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android