切蛆大蚊(読み)キリウジガガンボ

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

切蛆大蚊 (キリウジガガンボ)

学名:Tipula aino
動物。ガガンボ科の昆虫

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きりうじ‐ががんぼ【切蛆大蚊】

〘名〙 ハエ(双翅)目ガガンボ科の昆虫。体長約一・五センチメートル。大型のカのような形で、全体に灰褐色。あしは細長く、二枚の淡褐色で透明なはねをもつ。春と秋に発生。幼虫はキリウジとよばれ、イネやムギの根を食害する。各地でふつうにみられる。おやか。おにか。〔日本昆虫学(1898)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android