コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切込み炭 きりこみたんraw coal; unscreened coal; run-of-mine coal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

切込み炭
きりこみたん
raw coal; unscreened coal; run-of-mine coal

採掘したままの石炭塊炭粉炭が混っていて大きさがふぞろいであるうえ,不要の岩石分が混っている。そのため使用に不便であり,有効発熱量が低いので,大小いろいろの目のふるいを使って塊炭,中塊炭,小塊炭,粉炭など大きさ別にふるい分け,手選あるいは水選などを行なって岩石を除去する。この作業を選炭といい,選炭された石炭を精炭という。石炭統計上では,選炭する前の切込み炭の状態を原炭という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きりこみ‐たん【切(り)込み炭】

採掘したままで、粉炭と塊炭とが分別されていない石炭

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android