コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粉炭 コズミ

6件 の用語解説(粉炭の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こ‐ずみ【粉炭】

砕けて粉末になった炭。こなずみ。

こな‐ずみ【粉炭】

木炭が砕けて細かくなったもの。 冬》「―のよく起きてゐる灰の中/立子

ふん‐たん【粉炭】

粉状または細粒状の石炭

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の粉炭の言及

【石炭】より

…〈組織分析〉は近年,コークス工業で原料の配合について考える場合の重要な手段となっており,今後はさらに石炭の液化やガス化の特性との関連づけで重視されるようになると考えられる。 石炭を燃料として使う場合,塊でストーブやストーカー式ボイラーでたくことは少なくなり,近年は微粉炭燃焼が主流である。また液化などの処理のためにも,微粉砕が必要である。…

【選炭】より

…この選択破砕・分離のためには,ブラッドフォードブレーカーと呼ばれる破砕・ふるい分け装置が用いられる。またその過程で0.5mm以下の微粉炭は分級され,別系統へ送られる。粒度0.5mm以上の石炭は,そのまま,あるいはさらに2~3の粒度群に分けられたのち,選別される。…

※「粉炭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

粉炭の関連情報