コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切銭 きりぜに

大辞林 第三版の解説

きりぜに【切銭】

鎌倉時代通行の銭の一種。民間で竹流し金のように銅を薄く長く適宜に鋳造しておき、必要に応じて切って銭のように用いたものともいい、また、輪郭が欠損したり文字不明になった銭ともいう。 「 -を用ふる事、之を停止すべし/東鑑 弘長三

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

切銭の関連キーワード蔵米知行制竹流し金弘長