コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刈る/苅る カル

デジタル大辞泉の解説

か・る【刈る/×苅る】

[動ラ五(四)]
伸び茂っているものを根元を残して切り払ったり、切り取ったりする。「草を―・る」「髪を―・る」
演劇で、俳優や時間その他の都合により、上演中の脚本の一部分を省略して演じる。
[可能]かれる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

刈る/苅るの関連キーワード刈り上げる・刈上げる・苅り上げる・苅上げる五分刈り・五分刈・五分苅り・五分苅坊主刈り・坊主刈・坊主苅り・坊主苅和布刈り・和布刈・和布苅り・和布苅柴刈り・柴刈・柴苅り・柴苅草刈り・草刈・草苅り・草苅裾刈り・裾刈・裾苅り・裾苅丸刈り・丸刈・丸苅り・丸苅草刈り鎌・草苅り鎌・草刈鎌夏刈りの・夏苅りの行き合ひの早稲じょきじょき葦の仮寝遠方野辺生ひ優る名草の浜手節の崎生海布荒れ田一部分

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android