初天辺(読み)ショテッペン

デジタル大辞泉の解説

しょ‐てっぺん【初天辺】

いちばん高いところ。頂上。最上。てっぺん。
最初。しょっぱな。初手(しょて)。
「何でもから―に、おれがさかづきをさしておいた」〈滑・膝栗毛・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょてっぺん【初天辺】

はじめ。最初。 「何でもから、-に、おれが盃をさしておいた/滑稽本・膝栗毛 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょ‐てっぺん【初天辺】

〘名〙
① いちばん高いところ。最上。頂上。てっぺん
② 物事のはじめ。最初。しょっぱな。
滑稽本東海道中膝栗毛(1802‐09)五「何でもからしょてっぺんに、おれがさかづきをさしておいた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android