コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

判兵庫 ばんの ひょうご

1件 の用語解説(判兵庫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

判兵庫 ばんの-ひょうご

?-? 戦国-織豊時代の陰陽師(おんようじ)。
甲陽軍鑑」によれば,安倍晴明の流れをくみ,花押(かおう)・印判占いにすぐれた。その才能を武田信玄にみこまれて家臣となる。永禄(えいろく)12年(1569)煙をたてるような客星があらわれたとき,信玄にその吉凶をきかれて「これは天下怪異の星ですから,先の世では旧家が滅亡するなど世の中が一変します。判占いも私の代で終わりにしたいものです」とのべたという。近江(おうみ)(滋賀県)出身。姓は安倍。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

判兵庫の関連キーワード陰陽師身の上知らず陰陽博士陰陽頭陰陽師 玉手匣陰陽師II安倍親職安倍晴道土御門有脩弓削是雄余益人

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone