コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

判兵庫 ばんの ひょうご

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

判兵庫 ばんの-ひょうご

?-? 戦国-織豊時代の陰陽師(おんようじ)。
甲陽軍鑑」によれば,安倍晴明の流れをくみ,花押(かおう)・印判占いにすぐれた。その才能を武田信玄にみこまれて家臣となる。永禄(えいろく)12年(1569)煙をたてるような客星があらわれたとき,信玄にその吉凶をきかれて「これは天下怪異の星ですから,先の世では旧家が滅亡するなど世の中が一変します。判占いも私の代で終わりにしたいものです」とのべたという。近江(おうみ)(滋賀県)出身。姓は安倍。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

判兵庫の関連キーワード安倍兵庫陰陽師

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android