コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安倍晴明 あべのせいめい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安倍晴明
あべのせいめい

[生]?
[没]寛弘2(1005).9.26. 京都
平安時代中期の陰陽家。安倍益材の子。賀茂忠行,保憲父子から陰陽道を学び,保憲から天文道の奥義を授かった。大膳大夫,左京権大夫,天文博士などを歴任。その家が土御門の北,西洞院の東にあったため,その子孫は土御門家と呼ばれ,長く陰陽家として栄えた。彼は吉凶を占ったり,陰陽道の祭祀 (泰山府君祭など) を行うなど宮廷で活躍した。また藤原道長,行成ら公家の求めに応じて,多武峯の鳴動を占ったり,病気,物怪 (もののけ) の調伏なども行なった。『栄花物語』では,彼を「神さびたりし物」という,陰陽道の達人として伝えており,彼の伝記には,早くから説話的要素が濃厚であった。『今昔物語』には,忠行の知遇を得たこと,彼が師の忠行と外出して鬼にあったとき,忠行の術法によって難を免れたこと,よく職神 (精霊の一種) を使ったことなどの話を載せ,『古事談』には,道長が飼い犬によって身の危険を知り,晴明に占わせると,彼は,道長を呪咀する者がいることを見破り,白さぎを飛ばして,これを見つけ出した話などを載せている。室町時代の『臥雲日件録』では,彼を「化生のもの」としている。そのため人々は彼の居宅跡に安倍晴明社を創建して彼を霊神として,あがめるようになった。著書に『占事略決』『金烏玉兎集』がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

安倍晴明【あべのせいめい】

平安中期の陰陽(おんみょう)家。天文博士。天文を見てあらゆることを予知し,識神(しきがみ)(陰陽師(おんみょうじ)が術を用いて駆使する神)を駆使したと《今昔(こんじゃく)物語集》などで伝える。
→関連項目阿倍氏信田妻【ほ】【き】内伝

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安倍晴明 あべの-せいめい

921-1005 平安時代中期の陰陽師(おんようじ)。
延喜(えんぎ)21年生まれ。讃岐(さぬき)(香川県)の人という。天文道を賀茂忠行(かもの-ただゆき)・保憲(やすのり)父子にまなび,天文博士,主計権助(かずえのごんのすけ),大膳大夫(だいぜんだいぶ),左京権大夫を歴任。占いの名声はたかく,「今昔物語集」「大鏡」「宇治拾遺物語」などにその説話がのこっている。土御門(つちみかど)家の祖。寛弘(かんこう)2年9月26日死去。85歳。著作に「占事略決」「馬上占」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

安倍晴明

没年:寛弘2(1005)
生年:延喜21(921)
平安時代の陰陽道の大家,超能力者また占いの神様として神秘的に扱われた人物で『今昔物語』に「古にも恥ぢず,やむごとなかりける者なり」とあるのを初め『古今著聞集 』『宇治拾遺物語』その他にその逸話が語られている。阿倍倉梯麻呂の裔の大膳大夫益材の子で,賀茂忠行・保憲の親子に陰陽道を学び,保憲より天文道を伝えられた。保憲は自分の子光栄には暦道を伝え,そののちはこの2家で陰陽道を支配するようになったが,やがて安倍家が賀茂家を圧倒し,晴明より19世の孫有脩の代から土御門とも称するようになった。9月26日(1005.10.31)没との説もあり,安倍晴明社ではその日を例祭日としている。<著作>『占事略決』

(内田正男)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あべのせいめい【安倍晴明】

921‐1005(延喜21‐寛弘2)
平安中期の陰陽家。系図類によれば,8世紀はじめの右大臣阿倍御主人(あべのみうし)の系譜を引き,益材の子とされる。960年(天徳4)に天文得業生として歴史に姿をあらわし,以後,天文博士・主計権助などを歴任して,大膳大夫・左京権大夫となる。極位は従四位下。賀茂忠行賀茂保憲父子を師として天文道・陰陽道を学び,名声きわめて高く,天文密奏(天文の変化をいちはやく察してその吉凶を占いこれを天皇に奏すること)をはじめ,天皇・貴族の陰陽道諸祭や占いに従事した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あべのせいめい【安倍晴明】

921~1005) 平安中期の陰陽家おんようけ。識神しきしんを用いてよく異変を予知したといわれ、伝説が多い。土御門つちみかど家の祖。著「金烏玉兎集」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安倍晴明
あべのせいめい
(921―1005)

平安中期の陰陽(おんみょう)家で土御門家(つちみかどけ)の祖。益材(ますき)の子。文武(もんむ)朝の右大臣阿倍御主人(あべのみうし)(635―703)の後裔(こうえい)といわれるが、讃岐(さぬき)国(香川県)の人という伝説もある。天文博士(はかせ)、大膳大夫(だいぜんだいぶ)などを歴任して従(じゅ)四位下。寛弘(かんこう)2年85歳で没。清明社が9月26日を例祭日とするのは没日にちなむという。賀茂忠行(かものただゆき)・保憲(やすのり)父子を師として陰陽道の達人となり、とくに天文密奏は安倍氏の独占するところとなって、暦道の賀茂家と並ぶ天文道の安倍家(土御門家)の基を開いた。花山(かざん)天皇の譲位を天変で予知したなど神秘化された説話が諸書(『大鏡』『今昔物語集』など)に多い。彼の著書と伝えるものも多いが、現存する確実なのは『占事略決』1巻のみ。[下出積與]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の安倍晴明の言及

【蘆屋道満】より

…道摩ともいう。安倍晴明と術くらべする人物として登場することが多い。《古事談》《宇治拾遺物語》《十訓抄》に,道摩法師が藤原顕光の命で藤原道長に妖術をしかけるが,道長の犬と晴明に見破られ,本国播磨国に追放されたと伝える。…

【蘆屋道満大内鑑】より

…異類婚姻譚として著名な信田妻(しのだづま)の伝承は17世紀後半からしばしば人形浄瑠璃や歌舞伎に取り上げられていたが,本作はそれらを集大成した作品。秘伝書《金烏玉兎集(きんうぎよくとしゆう)》をめぐる安倍保名(やすな)と蘆屋道満との対立を主筋とし,保名に助けられた白狐が許婚葛の葉姫の姿を借りて契りを交わし一子を儲けるという安倍晴明の出生譚を絡めたもの。竹本大和掾の風を伝える四段目口の〈葛の葉子別れの段〉がもっぱら上演されてきた。…

【鉄輪】より

…赤い着物を着て顔には朱を塗り,鉄輪を頭にいただき,その三つの脚にろうそくを付けて火をともせば,生きながら鬼となって恨みを果たせるというのである。一方,夫(ワキヅレ)は夢見が悪いので陰陽師の安倍晴明(ワキ)を訪れて祈禱を頼む。晴明が夫と新妻の人形(ひとがた)を作って祈禱をすると,先妻の生霊(いきりよう)(後ジテ)が現れる。…

【信田妻】より

…五説経(説経節の五つの代表作)の一つに数えられるが,説経節正本の所在不明。陰陽師安倍晴明の出生にまつわる話と,蘆屋道満(あしやどうまん)との術くらべの話からなる。命を助けられた狐が人に姿を変えて安倍保名と契り子を生む。…

【髑髏】より

…落語《野晒》もこの類である。また,花山天皇の頭痛は前世の時のどくろが岩の間にあって雨でふくらむ岩に圧迫されるためと陰陽師安倍晴明が占い,それを探し出して岩から取り除いたら頭痛は治った(《古事談》)。平清盛は内庭に多数のされこうべが集まって14,15丈もある巨大などくろと化したものとにらみ合い,これを退散させている(《平家物語》)。…

※「安倍晴明」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

安倍晴明の関連キーワード大阪府大阪市阿倍野区阿倍野元町蘆屋道満大内鑑・芦屋道満大内鑑大阪府大阪市阿倍野区蘆屋道満・芦屋道満芦屋道満大内鑑蘆屋道満大内鑑土御門有世葭屋町通り証空(1)土御門泰邦土御門有脩江戸松徹安倍泰親安倍吉平安倍吉昌茨城童子安倍保名賀茂光栄晴明神社法道仙人

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安倍晴明の関連情報