コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

別給 ベッキュウ

大辞林 第三版の解説

べっきゅう【別給】

平安時代、親王の年給の一。巡給とは別に、別勅によって、皇后から生まれた第一皇子の年給として、毎年諸国の掾じようの任命権を与えること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

別給の関連キーワード戦後強制抑留者特別措置法平和祈念事業特別基金韓国人BC級戦犯問題障害者総合支援法現金給与総額遺家族援護賃金統計団体保険免田事件生涯賃金定期給与賃金指数交付公債平安時代仮処分

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android