別給(読み)ベッキュウ

  • べっきゅう ‥キフ
  • べっきゅう〔キフ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (別勅による年給の意)
① 親王に与えられる年給の一つ。原則として皇后から生まれた第一皇子に対し、別勅によって、年官として毎年諸国の掾(じょう)一人の任命権を与えること。〔江家次第(1111頃)〕
② 皇后の子ではない親王に対して与えた別巡給(べつじゅんきゅう)に準ずる年官。
※除目抄(1245‐46頃)「別給、〈略〉非后腹当代親王給」
③ 親王以外の者に特別の勅定によって与えられる、親王巡給に準ずる年官。
※除目抄(1245‐46頃)「寛平九六廿六宣旨云、尚侍藤原淑子別給」
④ 特別に給付に給与された所領・所職。
※大乗院寺社雑事記‐文明元年(1469)一一月二一日「光宣之闕分門跡別給事、順宣法師相続事筒井取申」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android