コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年給 ねんきゅう

6件 の用語解説(年給の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

年給
ねんきゅう

平安時代から始った封禄制度の一種。年官年爵とを合せて年給という。毎年,叙位除目のとき,天皇以下公卿以上はその身分に従って,一定の官位に一定の人員を申請する権利をもった。叙位,任官希望者はその申請権をもつ者に,叙料,任料を差出して官位を得るという一種の売官制度。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ねん‐きゅう〔‐キフ〕【年給】

1年を単位として定めた給料。年俸(ねんぽう)。
《「年料給分」の略》年官年爵を給すること。売官売位の一。この給与を受けた者(給主)は任意の者をその地位につけ、任料・叙料を得ることができた。給主の地位により内給(天皇)・院宮給・親王給・公卿給・典侍給などの別があった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

年給【ねんきゅう】

古代・中世に行われた朝廷の売官・売位制度。皇族・貴族に官職・位階の推薦権を与え,推薦者が被推薦者から報酬を取る。売官を年官,売位を年爵(ねんしゃく)といった。律令財政の苦しくなった平安初期に始まり,毎年,天皇・上皇・女院・親王・公卿らが給主(推薦者)となり,室町時代に及んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ねんきゅう【年給】

平安時代以降おこなわれた売官制度。貴族に人の叙位・任官を申請する権利を与え,申請者(給主という)が,任叙される者から利得を得る制度。官職を給するものを年官,位階を給するものを年爵という。給主は内給(天皇の年給),院宮給,親王給,公卿給などにわかれ,それぞれ定数があり,ほかに臨時給もあるほか,複雑な慣例・規定があった。年給は平安時代初期から律令俸禄制度がくずれてきたので,その代りとして起こったが,このために官職位階が公然と利権視され,政治の乱れを激しくした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ねんきゅう【年給】

一年を単位とした俸給。年俸。
〔「年料給分」の略〕 平安時代、皇族・后妃・公卿くぎようおよび尚侍・典侍・掌侍などに毎年与えられた年官と年爵。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

年給
ねんきゅう

年料給分の略称。天皇、太上(だじょう)天皇(院)、三宮(さんぐう)(三后(さんこう)とも。皇后、皇太后、太皇太后)、東宮(とうぐう)、准后(じゅごう)より、親王、内親王、女御(にょうご)、公卿(くぎょう)に至るまで、毎年給付する年官、年爵をいう。年官とは、春の県召除目(あがためしのじもく)で地方官(外官(げかん))、秋の司召(つかさめし)除目で京官(内官)を申請する権利を与えること。年爵とは、叙位(じょい)の際、叙爵(従(じゅ)五位下)を申請する権利を与えることで、これは院宮に限られる。年官、年爵を与えられた給主は、官や爵(位)を望む者を募り、申請して叙任し、そのかわりに任料、叙料を徴収して個人の得分とする。このように年給は、官や爵を一種の持ち株として個人に給(たま)わったもので、売位・売官の制度にほかならない。この制は9世紀中ごろから食封(じきふ)制度が崩れて、皇族の経済生活が窮乏してきたために考案され、宇多(うだ)天皇の寛平(かんぴょう)年間(889~898)には確立し、10世紀中ごろまで盛行したが、以後は国司制度の崩壊とともにしだいに衰退していった。その年給の種類と給数は、内給(掾(じょう)2人、目(さかん)3人、史生(ししょう)20人)、院宮・准后給(掾1人、目1人、史生3人、内官1人、爵1人、三宮・准后には女爵一人を追加)、親王・内親王給(目1人、史生1人)、女御給(目1人、史生1人)、尚侍(ないしのかみ)給(目1人、史生1人)、典侍(ないしのすけ)給(史生1人)、掌侍(ないしのじょう)給(史生1人)、公卿給は関白(かんぱく)・太政(だいじょう)大臣(目1人、史生3人)、左右内大臣(目1人、史生2人)、大中納言(目1人、史生1人)、参議(目1人、史生1人)である。[渡辺直彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の年給の言及

【院宮分国】より

…ただ院分受領も,はじめは任期や功過査定などについては一般の受領と同様の扱いを受けており,分国主に対する財力奉仕の事例は少なくないが,国主の収益の具体的な内容は明らかでない。なお院宮分国制と類似した制度に,天皇,上皇以下公卿らに一定の官職・位階の推挙権を与える年給制度があり,そのうちの国守を給するのが院宮分国制であるとする説もあるが,年給は受領補任とは別個の手続で行われるもので,両者は永く並行して存続している。 鳥羽院政に入って,院宮分国は急激に減少したが,後白河院政以降はまたしだいに増加し,その間大きく変質して分国主の領国と化していった。…

【給人】より

…(1)9世紀後半から律令制度にもとづく食封制度の衰退にともない年給をうける人々が出てきて,その年給をうける人のことを給主あるいは給人と呼んだ。この制度はしだいに形骸化しながら江戸時代初期までつづいた。…

【売官】より

… 成功は宮殿,寺社の修造や諸行事の経費を私財で負担した者などを任官させる制度であり,初期を過ぎるころから行われ,また栄爵は同様の者を叙爵させる(五位を授ける)制度であり,同じころに成立した。一方,年官,年爵は合わせて年給といい,これより早く発生した。年給は年料給分の意味で,毎年所定の官職に所定の人数を申任する権利を与えて収入を得させるのが年官であり,所定の人数の叙爵を申請する権利を与えて収入を得させるのが年爵である。…

※「年給」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

年給の関連キーワード年官年爵栄爵行われる・行なわれる世に行われる行われる売位延源勝猷暹斅

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

年給の関連情報