コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年官 ねんかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

年官
ねんかん

平安時代以降,年爵とともに,名目的には江戸時代まで行われた封禄,売官の制度 (→年給 ) 。その最盛期は平安時代中期。天皇の費用にあてる内給上皇女院などの費用にあてる院宮給,親王内親王などに対する親王給,摂関以下参議以上に与えられる公卿給がある。朝廷から任官者を申請する権利を与えられた給主は,除目 (じもく) のとき任官者を推挙し,官に任じたものの俸禄を収める制度。これによって売官が公然と行われ,いわゆる揚名介 (ようめいのすけ) なども現れるようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ねんかん【年官】

平安時代以降行われた売官の一種で,ある者に対する任官を申請した貴族(給主)が,その官職を得た者から利得を得る制度。その申請権は,平安時代初期に親王給がおこり,しだいに広がって天皇,院宮,公卿から女御,内侍にも及び,中期から最も盛んであった。内官・外官(げかん)ともに年官の対象となるが,とくに諸国の掾(じよう)(三分官),目(さかん)(二分官),史生(ししよう)(一分官)が多く,天皇は毎年掾2人,目3人,史生20人とか,納言・参議は年に目1人,史生1人とかの定数があり,二合(にごう)とか名替(ながえ)などの複雑な慣例が多いが明らかでない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ねんかん【年官】

年給の一。平安時代以降、皇族・后妃・公卿くぎようおよび尚侍・典侍・掌侍などに与えられた、地方官・京官を申請する権利。除目じもくの際、任官を希望する者に代わって申請し、その任料を収入とした。 → 年給

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

年官
ねんかん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の年官の言及

【売官】より

…【梅原 郁】
[日本]
 国家の財政制度として,公然と希望者を募り,任料,叙料を納入させて任官,叙位を行う売官・売位制度が,平安時代を中心に鎌倉時代に及んで行われた。年官年爵および成功(じようごう),栄爵がそのおもなものである。いずれも平安時代に入って調・庸の粗悪化,未納が増加し,国家財政が困難になるとともに食封(じきふ)に頼っていた皇族,貴族の経済も窮乏したため,その弥縫(びほう)策の一つとして,前者について成功,栄爵,後者について年官,年爵が成立した。…

※「年官」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

年官の関連キーワード三村 鐘三郎丸山英一郎下毛野年継立花 照夫安倍 季厳金山 らく佐立七次郎高松 梅窓国重 正文後冷泉天皇伊弉諾神宮近江神宮宜秋門院小槻隆職大宮長興木村正辞赤間神宮小野 梓前原一誠古市澄胤

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

年官の関連情報