コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョウ

デジタル大辞泉の解説

じょう【×掾】

律令制で、国司の第三等官。→判官(じょう)
近世以降、主として浄瑠璃太夫に与えられた称号。大掾・掾・少掾の3階級があり、当人1代に限る。「竹本筑後

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じょう【掾】

芸能人に与えられる名誉号。もとは律令制の地方官に与えられる3番目の官名。守,介の次,目(さかん)の上に位する。律令制が崩壊した中世以降,職人,芸能人などが受ける名誉号となり,近世では多様な職人や芸能人に宮中や宮家から与えられた。近世中期以降,ことに浄瑠璃太夫にかぎられ,大掾,掾,少掾の3階級に分けられ,掾号を受領することは,最高の名誉とされた。【諏訪 春雄】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じょう【掾】

律令制で、国司の判官じよう
江戸時代以後、浄瑠璃の太夫の芸名に、国名とともに与えられる称号。大掾・掾・少掾の三階級があり最高の栄誉とされた。掾号。 「竹本筑後-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【国司】より

…こうして令制的な国司制は斉明朝ころには全国的に成立し,その国司の下で編戸,里制の整備,戸籍の作成,班田の実施などが着々と進められたが,大税の管理権など,その権限はまだ制限されていた面もあったようで,国司制が完成の域に達したのは,大宝律令の制定(701)によってであった。
[制度]
 表のごとく,全国約60の国は大・上・中・下の4等級に分けられ,国司はその等級によって定員を異にしたが,その官制は守(かみ)(長官),介(すけ)(次官),掾(じよう)(判官),目(さかん)(主典)の四等官と史生(ししよう)(書記)から成っていて,これらは中央官人が6年(のちに4年)の任期で赴任し,その下に多数の現地出身の属吏がいた。職員令の規定によると一般の国の守は,祠社,戸口,簿帳,百姓の字養,農桑の勧課,所部の糺察,貢挙,孝義,田宅,良賤,訴訟,租調,倉廩,徭役,兵士,器仗,鼓吹,郵駅,伝馬,烽候,城牧,公私の馬牛,闌遺の雑物および寺,僧尼の名籍のことをつかさどり,とくに陸奥,出羽,越後等の国はそのほかに饗給,征討,斥候をつかさどり,壱岐,対馬,日向,薩摩,大隅等の国は鎮捍,防守および蕃客,帰化を惣知し,また三関国(伊勢,美濃,越前)は関剗および関契のことをつかさどることになっている。…

【太夫】より

…古浄瑠璃時代には伊勢島宮内,岡本文弥,道具屋吉左衛門,表具屋又四郎,虎屋永閑など太夫号を名乗らぬ例も少なくなかったが,しだいに一般化していった。もっとも,太夫のうちには加賀掾,筑後掾,越前少掾のように,受領(ずりよう)して掾(じよう)号を名乗る場合もあった。なお,ふつうは何某太夫(だゆう)と濁って発音するが,2音節にかぎり政太夫(まさたゆう)というふうに澄んでいう。…

※「掾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

掾の関連キーワード富士松 薩摩掾(3代目)宮古路加賀太夫(初代)竹本内匠太夫(初代)竹本越路太夫(2代)豊竹丹後少掾(2代)竹本土佐太夫(2代)豊竹上野少掾(初代)豊竹古靱太夫(2代)宮古路国太夫(初代)豊竹若太夫(初代)竹本染太夫(5代)竹本政太夫(初代)竹本春太夫(6代)竹本津太夫(初代)竹本義太夫(2代)竹本梶太夫(3代)豊竹此太夫(初代)鶴賀若狭掾(初代)豊竹新太夫(初代)宇治嘉太夫(初代)

掾の関連情報