コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利勘 リカン

デジタル大辞泉の解説

り‐かん【利勘】

[名・形動ナリ]
利害得失を計算してかかること。損得に敏感で抜け目がないこと。
「あんな事もあらうかと、主の―」〈浄・浪花鑑
経済的なこと。また、そのさま。
「―で至極よいが、その紐はあまり太いの」〈滑・早変胸機関〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りかん【利勘】

( 名 ・形動 )
まず損得を考える・こと(さま)。勘定ずく。 「伊勢から出て来て一代に仕上げた人さ、其代り-だ/滑稽本・浮世風呂

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

利勘の関連キーワード利害得失毛利重能浮世風呂

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android