利害得失(読み)りがいとくしつ

四字熟語を知る辞典「利害得失」の解説

利害得失

利益損失。得るものと失うものと。

[使用例] 片桐自身の利害得失よりも、何とでもして宗太郎を懲らしめようとして考えたことに違いない[安岡章太郎*月は東に|1970~71]

[解説] 同じような意味合いの語を重ねて強調した表現。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「利害得失」の解説

りがい‐とくしつ【利害得失】

〘名〙 利害と損得。利益と損失。利害得喪
開国の御沙汰書‐慶応四年(1868)正月一五日「弊害之件件、利害得失、公議之上、御改革可在候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android